居宅介護支援事業所
居宅介護支援事業とは
居宅介護支援事業とは、都道府県の指定をうけた介護支援専門員(ケアマネージャー)がいる事業所です。介護サービスを受けるために必要な「要介護認定」の申請代行や、居宅サービス計画(ケアプラン)の制作を依頼する際の窓口となります。また、介護保険に関する事など相談に応じて、アドバイスを行います。
ケアマネージャーとは
介護保険の認定を受けた本人やその家族からの相談に応じ、本人や家族の心身の状態や生活の環境などに応じた居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、希望に沿った適切なサービスを利用できるように市町村やサービス事業者、介護保険施設などとの連絡や調整を行う専門員です。
主な事業内容
・介護に関する援助知識
・居宅介護サービス計画の作成
・介護保険サービス提供事業所との連絡調整
・サービス計画に基づいたサービス実施状況の把握と評価
・要介護認定申請代行
・介護認定調査の実施
・介護保険費の給付管理
・介護保険なとに関する質問や苦情の受付
ご利用対象者:自宅で生活をしていて、介護を必要とする方
費用について
要介護認定申請の手続き代行やケアプラン作成などの居宅介護支援事業については、全額が介護保険により負担されますので、自己負担はありません。
サービスご利用までの流れ
介護認定証 要介護1~5
矢印
居宅介護支援事業所の選択
矢印
居宅介護支援事業所
①お申込み
当事業所についてのご説明・ご契約日の設定をさせて頂きます。
②ご契約
当事業所の重要事項の説明後、契約・個人情報使用同意の手続をして頂きます。
③アセスメント(状態の把握・課題分析)
介護支援専門員がご自宅へお伺いし、利用者様・ご家族に面談してアセスメントを行います。
写真1
写真2
④サービス担当者との調整・会議等 居宅サービス
計画書原案の作成
介護支援専門員が利用者様やご家族の希望、心身の状態等から適切な介護サービスがご利用出来るように、居宅サービス計画書原案を作成し、サービス担当者会議を開催します。
⑤居宅サービス計画書の作成
サービスの種類や内容等を記載した居宅サービス計画書(ケアプラン)を作成します。
矢印
介護サービス事業者と契約
矢印
介護サービスの利用
矢印
継続的にサービス利用状況を確認・評価
介護支援専門員が月に一度ご自宅に訪問し利用者様やご家族の状況に合わせてケアプランを随時見直します。
診療時間のご案内
休診日: 土曜日午後、日曜日・祝日
受付時間:
(午前)12:00まで (午後)17:00まで
○月・火・木(午前)・金・第2、第4土曜日:院長診察
○火(午前)水・木(午後)・第1、第3土曜日:久保医師(副院長)診察